書籍『上京はしたけれど』

カテゴリー:雑記

うちの奥さん(生粋のハマっ子)がなぜか持っていた「上京はしたけれど。」という本。コミックエッセイっていうやつですね。

自分も三重県からのお上りさん。しかも30になってから来るという遅っぷり。
たかぎさんは、多分自分と同じ学年で、自分より6年早く上京されているようです。
彼女ほどの苦労はしていないと思いますが、すべてのページに激しい共感を覚えます。

テレビで見たあの場所が近くにある喜び…というか驚き、人の多さ、電車の込み具合と複雑さ、都会で見かける地元産の製品のうれしさ、地方出身者のプライド、東京に住んでいるというレッテル…まさにその通りですよ!

東京は田舎もんのるつぼ、なんて言われることもありますが、多分、昔から実際そうなんでしょうし、だからこそいろんなエネルギーがあふれてるんだと思います。
江戸の成り立ちからして、地方から職人や人を読んでできた町ですし。

そんなパワフルな町にやってくる人は皆、この本に書かれているような、大きな希望と更に大きな不安、寂しさなんかを抱えている/いたんじゃないでしょうか。
そして、ふと思ったりするんですよね。「なんで自分、東京にいるんだろう…」って。
そういうときに、こういう本を読むと、何か元気づけられると思います。

自分は、こっちで家族を持ってしまったので、段々そうは思わなくなってきました。ありがたいことです。
ただ、不思議と地元(三重)愛はどんどん増していくんですよねぇ。

内容以外に、台詞の方言にも妙に共感を感じると思って作者プロフィールを見てみたら、なんと三重県出身でした。文章でも三重弁って分かるとは。どの辺が特長なんだろう。

2010年2月11日(木曜日)/15時11分 - kadoyan -
Yahoo!ブックマークに登録Yahoo!ブックマークに登録はてなブックマークに追加はてなブックマークに追加

トラックバックURL:

 
%3c%69%6e%70%75%74%20%74%79%70%65%3d%22%68%69%64%64%65%6e%22%20%6e%61%6d%65%3d%22%6e%70%5f%70%72%6f%74%65%63%74%62%79%6d%64%35%22%20%76%61%6c%75%65%3d%22%32%32%37%34%36%66%63%62%63%31%61%39%63%65%64%39%30%33%64%39%36%63%33%37%64%39%66%32%38%64%38%66%22%3e %3c%69%6e%70%75%74%20%74%79%70%65%3d%22%68%69%64%64%65%6e%22%20%6e%61%6d%65%3d%22%6e%70%5f%70%72%6f%74%65%63%74%62%79%6d%64%35%5f%68%61%73%68%22%20%76%61%6c%75%65%3d%22%63%31%36%34%39%33%34%36%35%61%35%32%34%66%38%34%39%32%38%65%39%37%63%65%38%37%66%32%61%33%30%65%22%3e
CATEGORY